士業でも危ない!

士業でも危ない!

弁護士、公認会計士、医師など、士業に関しては、ある意味特権階級的な扱いをされていて、その資格をもっていさえすれば、その後の仕事や人生は安泰だとされてきた時代が長く続きました。

 

ただし、最近は資格だけでは食べられない、資格貧乏な人が増えているといいます。資格を持っていても、実際には職業としての職務経歴が無いと顧客から信用を得ることが難しいですし、医師でも医局制度の見直しから、必ずしも出身大学や医局に縛られない転職ができるようになりましたが、その分、明日をも知れぬ不安定な立場に置かれている医師も多いといいます。

 

派遣会社や人材紹介会社のシステムが浸透することにより、こうした専門知識を持っている人たちを専門に紹介するエージェントなども現れました。もちろん企業にとっても、資格があり、なおかつすでに職務経歴のある人は、非常に欲しい人材です。

 

ただ、現代では、資格だけ持っていてもその専門業務に携わっていない、また資格とは関係ない仕事をしている人もいます。その理由としては、例えば弁護士の増え過ぎ、公認会計士の高齢化で、なかなかポスト空かない、それから医師の医局制度にあります。せっかくの資格が活かせておらず、薄給で悩み、独立もおぼつかない士業者のためいきが聞こえることは少なくないといいます。

 

資格をとったからといって、必ずしもそれが成功のパスポートになっていない現実がここにあります。